カバーで避妊を | 避妊をしっかりと行い、望まない妊娠を回避しよう

カバーで避妊を

水で飲む

避妊方法には様々なものが存在していますが、その中でも最も手軽に行うことができ、更に私達日本人にとって馴染み深い、スタンダードな避妊方法に「コンドーム」と呼ばれるものを使用した避妊方法があります。
このコンドームというのは、コンビニエンスストアや薬局、更にはラブホテルなどでは部屋に備え付けのアメニティとして設置されていることもあるため、非常に多くの人が一度は目にしたことがあると思います。
そして、このコンドームを使用した避妊というのは非常に高い避妊効果を期待できる避妊用具なのです。

コンドームは片側が半円型に塞がった円筒状をしている、シリコンやラテックスなどの素材で作られた避妊具で、使用する際は勃起した男性器に対して被せて装着します。
そして、装着が済んだら後はそのまま性行為を行うことによって、射精をした後はコンドーム内部に精液が溜まるので、膣や子宮に対して直接精液及び精子が接触しない……つまり、妊娠を物理的に阻止することができるのです。
その為、このコンドームを使用した避妊方法というのは非常に高い確率で避妊が行うことができ、更にコンドーム自体も手軽に購入できるため、性行為を行う際に最も実践しやすい避妊方法なのです。

注意点として、現在販売されているコンドームというのは非常に薄くなっており、装着している感覚がわからない程に薄い物も存在しています。
そのような製品の場合、性行為を行った際に摩擦で破れてしまった、爪を引っ掛けて穴を開けてしまった……ということになっても、殆ど破れてしまったことに気が付かない、という問題があります。
なので、もしコンドームを使用して確実な避妊を行いたいのであれば、余りに薄すぎるものは選ばず、多少厚みのあるものを使用し、破れないように注意しながら性行為を行うようにしましょう。