薬で避妊しよう | 避妊をしっかりと行い、望まない妊娠を回避しよう

薬で避妊しよう

一気飲みしている

避妊方法には大きく2種類のものがあり、1つは男性主体の避妊方法と言われるもの、そしてもう1つが女性主体の避妊方法と言われているものです。
男性主体のものはコンドームのように男性が使用して相手の身体に精子が接触しないようにする方法、そして女性主体の物というのは、女性が自分の体に対して道具を使用する、もしくは薬を使用して妊娠しにくい状態を作ると言うもので、最も一般的な物に「低用量ピル」と呼ばれる物を使用した避妊方法があります。

この低用量ピルというのは、女性が妊娠した際に多量分泌される女性ホルモンを主成分とした医薬品で、経口避妊薬とも呼ばれます。
この低用量ピルを使用した避妊というのは、1日1回決まった時間に避妊薬を服用することによって、身体に対して女性ホルモンを吸収させ、脳に対して今身体は妊娠している……という錯覚を起こさせる、と言うものです。
身体が妊娠状態にある、という錯覚をした脳は、身体に対して妊娠しないような状態に作り変える信号を送って行きます。
その結果、低用量ピルを服用し始める着床が起こりにくくなる、排卵が抑制される……と言った変化が現れ始め、身体が妊娠し難い体になるのです。

この方法であれば、身体を確実に妊娠しない状態にすることが出来る為、コンドーム以上の避妊成功率がある、というふうに言われています。
更に、この避妊方法であれば男性が避妊を嫌がっている際でも、1日1回低用量ピルを服用する……というのを忘れず、用法用量をきちんと守れば簡単に高い避妊率を保つことができるので、もし避妊を確実に行いたい……という風に思っているので有れば、この避妊方法を試してみましょう。